塗る日焼け止めは肌にダメージが残るかも!?

塗る日焼け止めが肌に悪いってホント??

塗る日焼け止めは肌にダメージを与えるというのは本当なのでしょうか?それを知るには、塗る日焼け止めにどのような成分が含まれているかを知る必要があるでしょう。塗る日焼け止めには肌の老化を防ぐことと、日焼けを防ぐことの役割があります。そのため、一般的な塗る日焼け止めには、紫外線を肌に到達させないように吸収して外へと逃がすことができる「紫外線吸収剤」と、細かい金属によって紫外線を反射させて肌を保護する「紫外線散乱剤」が配合されています。この2つの中でも特に紫外線吸収剤は、石油由来の合成成分なので肌にダメージを与えると言われています。なぜなら、紫外線吸収剤は紫外線を吸収することにより、その過程で紫外線に耐えることができなくなり肌に悪い成分が生じてしまうのです。そのため、個人差もありますが肌荒れや湿疹、かぶれ、乾燥などの症状現れ肌にダメージが残ってしまう場合もあります。しかし、最近では紫外線吸収剤フリーの塗る日焼け止めもあるので、特に肌が弱い方は肌に肌にやさしいものを使用することができるでしょう。このように紫外線吸収剤が肌にダメージを与えることが分かりましたが、日焼け止めを塗るという行為自体が肌に大きな負担を与えています。しかも、塗ったものはキレイに落とす必要があるため、クレンジングで肌を傷つけてしまう恐れもあります。これらのことを考えるなら、お肌のためにも塗る日焼け止めの使用を控えたいと思われることでしょう。では、塗る日焼け止め以外にどのように紫外線をカットする方法があるでしょうか?それは、「飲む日焼け止め」を服用するなら紫外線をカットすることができます。

飲む日焼け止めは肌にダメージは与えない!

飲む日焼け止めは、紫外線によるお肌のダメージを避けることができます。身体の内側から紫外線の抵抗力を高めていくことができるので、紫外線が肌に侵入した後に生じるシミやそばかす、シワなどの肌トラブルのダメージを軽減させたり、解消したりすることができます。このように将来に生じると思われる肌トラブルを予防することはもちろん、日焼けによる痛みやお肌が黒くなる変化を抑制することもできます。日差しを浴びる30分前に服用すると効果を期待することができると言われていますが、塗る日焼け止めのように塗り直しの手間がないので、多少長い時間外にいても紫外線からお肌を守ることができます。

注目の○○商品

WHITE VILEホワイトヴェール公式サイト
WHITE VILEホワイトヴェール
注目の成分ニュートロックスサン配合だから飲み続ける程に保護力UP!美白に欠かせない抗酸化物質や美容成分を贅沢に配合!